子ガモ成長記録

私が洗足池で最初にカルガモのヒナを見つけたのは5月24日でした。
周りの人の話では10日ほど前に11羽生まれたそうです。

この時は8羽になっていました。

数年前にもヒナを数羽連れた親ガモを見たことがありますが、その後全く見なくなったので、天敵のカラスや野良猫に全部やられたのではないかと思っています。

b0093625_1018783.jpg


b0093625_10214517.jpg


b0093625_10223094.jpg


b0093625_10234710.jpg


無事成長を祈る中次に遠くの方で泳いでいるのを見つけたのは6月7日でした。

b0093625_10265578.jpg


もうこんなに大きくなっていました。

b0093625_10285587.jpg


6月17日再び元気な姿を見つけました。

でも7羽に減っていました。

b0093625_10323745.jpg


もう子ガモという容貌になっていました。

これだけ成長すればもう大丈夫でしょう。

b0093625_10363943.jpg


b0093625_10374486.jpg


6月15日こんなところをねぐらにしていました。

ここは野良猫が心配です。

b0093625_10412968.jpg


6月23日もうすっかり大きくなっていました。

でも親ガモはしっかり見守っています。

b0093625_10454096.jpg


今までずっと餌を与えてきた小父さんが、ねぐらに帰って来た子ガモ達に餌を与えていました。

この時1羽足を痛めている子ガモが足を引きずりながら歩いているのが気になりました。

b0093625_10555283.jpg


6月30日岩の上をねぐらにしていました。

親ガモは杭の上で見張っていました。

b0093625_10593581.jpg


7月10日もうすっかり大きくなった子ガモが泳いでいました。

b0093625_1125883.jpg


子ガモはどう数えても6羽しかいませんでした。

野生の動物にとって怪我は命とりになるのだなとあらためて厳しさを感じました。

b0093625_1172139.jpg


親ガモの下から独立する日も近いことでしょう。
[PR]

by masaaki-bs | 2012-07-20 11:09 | 野鳥